らーめん 黒白

らーめん 黒白

11:15頃に店の前に到着。
某グルメサイトの情報では11:00から営業開始との情報ですが、「ただいま支度しています。」と書いてある看板が店の外に置いてあります。

店の外に貼ってある営業時間を見てみると、11:30からになってますね~
どうやら営業時間変更されたみたいですね・・

寒空の中外待ちしていると、程なくして営業開始。

店内の様子

店内に入ってすぐ右にコンパクトな券売機が置いてあり、こちらで食券を買うシステムになってます。

今回は黒王らーめん740円を頂く事に。
黒王らーめんのボタンをポチッ( ゚∀゚)σ

黒王らーめんは高井田系のラーメンみたいなんで、高井田系の中華そば好きのオイラは、超期待して訪問してます^^

縦長の店内は直線型のカウンター8席のみ。
スタッフさんは年配の店主さんと20代ぐらいの男性の計2名です。

味変グッズは3種類で、ニラ薬味、高菜、ブラックペッパーが置いてありました。
今回はどれも使用せずです。

メニュー

メニューはこんな感じ。
麺類は3種類で、黒王らーめん、シラトリらーめん、琥珀らーめんでどれも740円(税込み)。チャーシューメンはプラス300円となってます。
ランチタイム(11:00~14:00)はごはんが1杯無料のサービスがあります。

なお、黒王はくろおうじゃなくて、こくおうと読みます。

黒王らーめん740円(税込)

程なくして黒王らーめんの登場\(^o^)/
スープが黒すぎて、麺がほぼ見えません(@_@;)

「高井田系で740円は高いな」と思いましたが、チャーシューがたくさん入っているので、この値段でも納得ですね。

スープを飲んでみると、濃口醤油の強めの酸味が先制攻撃ですね~
これだけパンチのある醤油の酸味は、もしかして初体験かもしれません。
中毒になりそうなぐらい好みかも♪

醤油感は高井田系にしては控えめで醤油っ辛くは無く、まろやかで角がないスープです。
鶏をベースに昆布や鰹節を使用して作られたスープは、スープの旨みはしっかりしていて、とても深みがアリ、じんわりと旨みが口の中に広がります。

麺は極太のストレート麺。
高井田系らしく栄大號の麺を使用されてます。

ごつごつした固さを感じる、アルデンテ手前の歯ごたえのある麺でした。

チャーシューは3種トッピングされていて、豚バラ肉のチャーシューは、脂身はプルプルで赤身は噛み応えある肉質感で、豚ロースのチャーシューは、デフォルトでボロボロに崩れてるぐらいの柔らかさ。

鶏モモ肉のチャーシューはプリプリ感も無いぐらいの柔らかさで、ホロホロの食感。
チャーシューはどれも、しっかり目に味付けされてました。

その他の具は、炙ってあるタケノコと白ネギなどです。

スープがとても好みの味ですね~
再訪してみたいお店です。

ご馳走様でした♪

お店の営業情報など

Θ 店名:らーめん 黒白
Θ 住所:大阪府大阪市東住吉区湯里2-17-23
Θ 営業時間:11:30~14:00 19:00~26:00(L.O 25:30)
Θ 定休日:火曜日
Θ 電話番号:不明
Θ 駐車場:すぐ近くにコインパーキングあり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする