中華そば住吉 大阪市東成区

中華そば住吉

元祖高井田ラーメンのお店の一つ、中華そば 住吉さんに久しぶりに訪問。

高井田ラーメンって、一応ご当地ラーメンとなっているみたいですが、普通にラーメンはたまにしか食べない人に高井田系のラーメンと言っても「何それ??」と言われるぐらいのマイナーな存在。

高井田ラーメンの主な特徴は、麺は極太目で、スープは鶏ガラベースの醤油辛い濃い口の醤油味の2点です。

僕は、このラーメンを初めて食べた時は、「何これ・・・」と思ってガッカリしましたが、高井田系のラーメンをいろんな店で食べた結果、ふと気づけば、この系統のラーメンに中毒(笑)

ハマる人はハマる中毒性がありますのでお気を付けを。

店の場所は、東成区の産業道路沿いにあり、高井田のバス停のすぐ近く。ブランドーリ布施の商店街を北上して産業道路に出ると、お店が目の前にあると思います。

近鉄布施駅、地下鉄深江橋から600m程の距離でしょうか。

2017年の8月15日のお盆休み、11:00前ぐらいに店に到着すると、店の前には5人の外待ち。

小雨の降る中、15分ぐらい外待ちして店内に~

なお、この店はラーメンの持ち帰りが可能でして、持ち帰りのお客さんは外待ちの順番とか関係なく、オーダーすれば出来上がり次第、お持ち帰り出来るシステムになってます。

メニュー

メニューはとてもシンプル。
最安の中華そば500円の文字を見ると、ホッとします^^
安心価格(笑)

ここ最近は、ラーメンは基本のラーメンで700円とか800円が当たり前になりつつありますが、本来はラーメンってワンコインぐらいで食べる感覚が普通でしたよね。

中華そば500円

10分少々待って、中華そばの到着。
シンプルisビューティフルなビジュアル。

美味しそうです♪

麺は高井田系らしい極太のストレート麺。
この辺りにある光洋軒や麺屋7.5Hzさんの麺と比べると、デフォルトの麺の硬さは少し柔らかめで、ゴツゴツした芯の残った麺では無く、丁度よくモッチリした歯ごたえ。

この歯ごたえ、とても好みです♪

スープは、鶏ガラと昆布で出汁をとっていると思いますが、出汁の旨みがグイグイ押してくる感じは無く、濃い口醤油味がスープの味を完全に制覇している感じです。

近所の光洋軒ほどシャープな醤油味では無く、少し角の取れたまろやかさを感じる醤油っ辛いい濃い口醤油味。

高井田系のラーメンを初体験する人は、この醤油感にはビックリすると思います。

チャーシューは薄切りのロース肉。
煮込んだ後に、醤油で味付けされたみたいで、普通に煮豚風の肉らしい歯ごたえ。
ザク切りのネギの風味も強く、良いアクセントになりました♪

ご馳走様でした!!!

お店の営業情報など

Θ 店名:中華そば 住吉
Θ 住所:大阪府大阪市東成区深江南3-20-8
Θ 営業時間:8:30~18:00
Θ 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日が休み)
Θ 電話番号:06-6981-5205
Θ 駐車場:無し
Θ ホームページ:http://sumiyoshi.ehoh.net/
Θ 備考:中華そばの持ち帰りもできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする