めんめん 守屋 大阪市城東区(野江)

めんめん 守屋

2017年10月5日にNEWオープンしためんめん守屋行ってきました。
最寄り駅は京阪本線野江駅で、駅を出るとすぐお店があるので、とても駅近ですね。

お店には11:00ごろに到着。
営業中の札を確認したので、店内に入ってみます。

店内に入ってみると、L字型のカウンター席が9席に、二人用のテーブル席が1卓。
最近のラーメン店では標準かなと思っている、ウッディーベースのナチュラルで落ち着いた色使いの店内。

厨房にはざこば師匠系のベテランの店主さんと、たぶん奥さん?
ホールには女性のスタッフさんが1名ですが、娘さんでしょうか?
親しげに会話されてたんで、そうだと思うのですが^^

卓上の調味料は、お酢、一味、コショウの3種。

麺類のメニューはこんな感じ。

醤油らーめん720円、九条ねぎらーめん550円(味噌の場合は100円UP)、焼豚ラーメン920円、えび塩らーめん720円、とりそば720円、南蛮味噌らーめん820円、つけめん720円、味噌つけめん820円と8種類。

サイドメニューもあります。

すべてのラーメンに柚子が入っているので、柚子が苦手な方は注文の時に、「柚子はあかんねん」と伝えましょう^^

激安の九条ねぎらーめんが気になったのですが、看板メニューと思われる醤油らーめんを注文。

注文する時に、麺を細麺か太麺のどちらかをチョイス出来るみたいなので、なんとなく細麺を選択。

麺の固さも指定可能で、固めでオーダーしました。

醤油らーめん720円

醤油らーめんの登場\(^o^)/
センターに目立つのはネギマウンテン。
後方にそびえたつ海苔1枚に、ほうれん草、チャーシュー1枚、隠れてますが、穂先メンマが2本トッピングされてます。

スープを飲んでみると、魚介系の主張の強い豚骨ベースの醤油味。
この魚介系の主張は、煮干しらーめん 玉五郎に似たようなイメージです。

醤油タレの主張は控えめで、少し粘度のある、まろやかで優しい甘みを感じる親しみやすい系のスープですね~

豚吉系ラーメンのスープが好きな方には、激しくおススメできるお店です。

麺リフト~(*´∀`)ノ川
中細のストレート麺。

ツルツル系の麺ですが、結構絡まっているので、一気に啜るのは厳しかったです^^
固めでオーダーしたので、なかなかのコシ感で、噛み応えありました♪

チャーシューは1枚入り。
固くもなく、かといってトロトロに柔らかくもなく、普通の歯ごたえのチャーシュー。

その他のトッピングは、ほうれん草と、ネギと穂先メンマ。
ほうれん草は柔らかすぎず、ほうれん草の食感が残っていてオイラ好み。
ネギは、やや苦みがあり、フレッシュでシャキシャキでGood♪

安心して頂ける一杯でしょうか。
ご馳走様でした♪

お店の営業情報など

Θ 店名:めんめん 守屋
Θ 住所:大阪府大阪市城東区成育2丁目2-1
Θ 営業時間:11:00~21:00
Θ 定休日:水曜日
Θ 電話番号:06-6786-0155
Θ 駐車場:近隣にコインパーキングあり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする